家庭教師を雇うなら派遣会社と個人契約のどちらにするべき?

公開日:2023/07/15  最終更新日:2023/09/22


家庭教師の雇い方には派遣会社と契約する形式と個人契約を結ぶ方法がありますが、どちらの方がよいのでしょうか?子どものために契約するのだから失敗したくないですよね。本記事では家庭教師を雇うなら派遣会社を利用するのと個人契約を結ぶのはどちらがよいのかについて紹介します。家庭教師の契約を検討中という方はぜひ参考にしてください。

おすすめの家庭教師を見てみる

家庭教師は個人契約のほうが安い

家庭教師を個人契約した方がよいか派遣会社を利用した方がよいかは、人によって違います。下記からは、まず個人契約で雇うメリットとデメリットを紹介します。雇い方で迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

費用が安い

家庭教師を個人契約する最大のメリットは、同じ時間の利用でも費用を安く抑えられることでしょう。個人契約の場合は、間に仲介業者が挟まらない分雇用費用を安く抑えられるケースが多いです。もしも家庭教師を雇いたいと考えているけど高額な費用を負担することは厳しいと考えている場合は、個人契約を検討してみましょう。

契約する家庭教師を自由に選べる

個人契約では、自分で家庭教師を決めて契約を行うため、完全に自由に教師を選ぶことができます。派遣会社を利用した場合、大まかな希望は指定できますが、沢山の候補の中から自由に教師を選ぶことはできないため、雇う相手で妥協したくないという場合には自由に選べる個人契約がおすすめです。

トラブルが起こっても自分で解決する必要がある

個人契約の最大のデメリットは、依頼している教師とトラブルが起こった際にすべて自分で解決をする必要があることです。派遣会社を利用した場合、トラブルなどが起こったり、やめてほしいことなどの本人に伝えづらいことが起こったりしたとしても派遣会社に解決を任せることができます。

しかし個人契約の場合は家庭教師と直接契約を結んでいるため、トラブルを誰かに解決してもらうことはできません。個人契約を結ぶ際は依頼する相手によっては、無駄な手間やお金がかかる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

家庭教師を探すのに手間がかかる

家庭教師を個人契約することには、家庭教師を探すのに手間がかかるというデメリットも存在しています。派遣会社を利用した場合、希望の条件を伝えるだけ派遣会社から教師の提案をしてもらうことができますが、個人で契約をする場合、教師は完全に自分で探す必要があります。自由に好きな相手に依頼できるメリットはありますが、その分依頼までに時間がかかるので注意しましょう。

家庭教師の派遣会社のほうがよりノウハウが豊富

下記からは、派遣会社を利用することのメリットとデメリットを紹介します。契約方法で迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ノウハウを豊富に持っている

派遣会社を利用する最大のメリットは、家庭教師のレベルが高く受験などに対するノウハウを豊富に持っていることです。派遣会社に所属する家庭教師は、定期的に新たに得たノウハウが全体に共有されているため、どの教師を選択したとしても高いレベルの教育を受けられます。受験のために家庭教師を雇うことを考えている場合は、派遣会社を選択した方がよいかもしれません。

家庭教師を探す手間がかからない

派遣会社の利用には、家庭教師を探すのに手間がかからないというメリットもあります。個人契約を結ぶ場合、自力で教師を探す必要がありますが、派遣会社を利用すれば希望の条件を申し出るだけで希望に合った家庭教師を派遣してもらうことが可能です。家庭教師選びに時間をさけるほど暇がないという場合は、派遣会社を利用することがおすすめです。

自由に教師を選べない

派遣会社を利用すると、自由に教師を選ぶことができません。もちろん大まかな希望などは聞いてもらうことができますが、沢山の選択肢の中から自分で教師を選ぶことはできないので注意しましょう。

家庭教師を個人契約するときの注意点

最後に家庭教師を個人契約するときの注意点を紹介します。家庭教師は個人契約を結んだ方が費用を安く抑えられるケースが多いですが、仲介に企業などを挟まない分トラブルも起こりやすいので注意しましょう。

契約には必ず契約書を作成する

個人契約の際の注意点1つ目は、契約には必ず契約書を作成することです。個人間で契約を結ぶ場合、契約書を作らずに口約束で契約を結ぶケースも少なくありません。しかし契約書を作らずに口約束だけで契約を結んでしまうと、後々言った、言わないで揉める原因になり得ます。契約を結ぶ際は必ず契約書を作成するようにしましょう。

料金は後払いにする

注意点2つ目は、料金は後払いにすることです。個人契約の家庭教師の場合、契約期間中に突然音信不通になったり、料金だけ受け取ってまともに授業をしなかったりというケースもあります。そのため、契約の際は必ず料金を後払いにすることがおすすめです。料金の支払いのタイミングは最初の段階で決めておかなければ後々揉める可能性があるため、必ず最初に決めるようにしましょう。

連絡先はしっかりと確認する

注意点3つ目は、連絡先はしっかりと確認することです。個人契約を結ぶ場合、連絡先の管理は非常に重要です。最悪の場合料金だけ持ち逃げされる可能性もあるため、教師の電話番号や住所は必ず提出させるようにしましょう。

家庭教師の経歴はしっかりと確認する

注意点4つ目は、家庭教師の経歴をしっかりと確認することです。個人間で家庭教師の契約を結ぶ場合、経歴詐称などをされても自分の代わりに見抜いてくれる相手はいません。有名大学を卒業していたり、特別な資格を持っていたりする場合には、必ず卒業証明書や資格証明書の控えを提出させるようにしましょう。証明を出せない場合は経歴を偽っている可能性が高いです。

まとめ

本記事では、家庭教師の契約方法は派遣会社を利用する方法と個人契約を結ぶ方法どちらがよいのかについて紹介しました。いかがだったでしょうか?個人契約を結んだ方がよいのか、派遣会社を利用した方がよいのかは人によって違います。家庭教師に妥協したくない、費用を少しでも安く抑えたいという場合には個人契約を選び、自力で教師を選ぶ時間がない場合は派遣会社を選ぶことがおすすめです。本記事が家庭教師の雇い方で迷っている方の、お役に立てば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

子どもの不登校に家庭教師が役に立つのは知っていますか?学習の遅れが取り戻せるのはもちろんですが、それ以外にもコミュニケーションのブランクを解消したり、不登校支援につながったり、プラスになるこ
続きを読む
会社名:家庭教師がつくる塾BASE・札幌の家庭教師屋さん 住所:〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西16丁目2-3ルーブル16 403 TEL:050−5318−8393(IP電話)
続きを読む
北大家庭教師センター 住所:〒001-0017 札幌市北区北17条西3丁目2−16 木村ビル2F 電話番号:0120-816-359 北大家庭教師センターは、個々の学生に合わせた教育を通じて
続きを読む