家庭教師は昼間や休日でも対応できる?指導スケジュールの自由度について

公開日:2022/10/12   最終更新日:2023/09/22

学校行事・クラブや部活・アルバイト・病気・家庭の事情など、毎日忙しい生徒たち。定期利用のイメージが強い家庭教師ですが、スケジュールの変更や欠席にどのように対応してくれるのでしょうか。利用日や営業時間など、いったいどこまでお願いできるのか?そもそも営業時間は存在するのか?家庭教師の仕組みを確認していきましょう。

おすすめの家庭教師を見てみる

基本的には入会前に指導スケジュールが決まる

家庭教師は、個人契約と会社契約に分類されます。会社契約の場合は希望にマッチした家庭教師が派遣され、個人契約の場合は契約から指導まで先生が一貫して担当します。

個人契約・会社契約ともに、入会前に利用頻度や希望日程を確認することでミスマッチを防ぐ仕組みになっています。

個人契約とは

個人の家庭教師と契約を結ぶ場合には、先生本人と日程調整をします。しかし人気の先生ともなれば、生徒を複数抱えていることも少なくありません。

希望のスケジュールで依頼できない場合には、曜日ごとに先生を変え、塾を併用する家庭もあります。調整に時間がかかることもあるので、余裕をもって先生を探すようにしましょう。

会社契約とは

家庭教師の会社と契約を結ぶ場合には、スケジュールの考慮は基本的に必要ありません。個人契約とは異なり所属する先生がひとりではないので、会社がスケジュールにあわせて調整します。遠慮せずに希望の日程を伝えましょう。

しかし年齢・性別・学歴だけでなく、より細かな要望が多数ある場合には、日程調整が必要になることもあります。前もって条件が決まっている場合には、入会前に問い合わせることをおすすめします。科目に特化した家庭教師会社もあるので、希望にあわせて会社を見つけましょう。

曜日・時間帯は選べる?対応範囲について

家庭教師のスケジュールは基本的に入会前に決まりますが、途中で変更することもできるので安心してください。先生のスケジュールもあるので急な変更は難しい場合もありますが、気軽に相談してみましょう。定期的に相談や見直しをすることで、快適に利用できます。

利用日程は希望ベースで決まる

家庭教師は平日だけでなく土日祝日も利用できます。気を付けなければならない点を強いてあげるとすれば、早朝や夜間の依頼です。遠方から通う先生であれば、対応時間に限りがあります。依頼が遅い時間になる可能性があれば、事前に条件として伝え、対応ができる可能性の高い先生に指導してもらうようにしましょう。

幅広い要望に対応してくれることから、家庭教師を利用する生徒のなかには、不登校や病気療養中の生徒もいます。そのため、平日や日中の依頼も一定数あります。

スケジュールは多めに用意しよう

希望する曜日や時間を多く空けることで、先生とのマッチング確立が高まります。相性のよい先生を見つけるためにも、家庭教師に割けるスケジュールを多く用意しておくことをおすすめします。

マンツーマン指導となる家庭教師では、学歴だけにこだわらず生徒の特徴にマッチする先生に出会うことも重要です。テストや受験を控えている場合には、家庭教師は学力面だけでなく精神面のサポートも行うことになるので、先生選びは慎重に行いたいポイントのひとつです。

後から変更することも可能!

スケジュール確定後に変更が必要になった場合には、まずは先生に事情を説明しましょう。会社契約・個人契約どちらであっても、基本的には先生のスケジュールを優先して調整が行われます。先生のスケジュールが問題ないようであれば調整し、難しいようであればほかの先生に依頼することを検討しなければなりません。

欠席や振替については、契約によってルールが異なります。振替対応を可能とする家庭教師が多いですが、事前に決まっている場合と直前では対応が変わる場合もあるようです。入会前にしっかりと契約内容を確認し、トラブルを避けましょう。

家庭教師のメリットは、スピード感のある対応や親身なアドバイスにあります。困ったらまずは先生に相談し、対応をお願いしてみましょう。

一時的に増やすこともできる

欠席や振替以外にも、利用日程を変更することが可能です。定期的にやってくるテストの対策や、受験前の追い込み学習などに有効です。利用頻度や学習時間を増やすことで、効率的に勉強できます。

困ったときにすぐ質問ができるのは精神的なサポートになるだけでなく、人の目があるのでさぼり癖防止にもなります。テストの結果は内申にも影響するので、必要に応じて積極的に活用しましょう。

コミュニケーションが大切

先生と保護者が直接コミュニケーションできるので、小さな変化であっても報告がしやすいのが家庭教師の魅力です。コミュニケーションを密にとることは、信頼関係の構築にも役立ちます。信頼関係を構築することで、相談やお願いもしやすくなるでしょう。

まとめ

家庭教師は曜日・時間の融通が効くので、まずは希望のスケジュールを優先しましょう。相性のよい先生と出会うことを重要視している場合は、可能な範囲でスケジュールを空けてマッチング確立を上げる意識も大切です。

スケジュールが確定したあとでも、契約によっては振替や変更が可能です。テスト期間前や長期休みなど、学習時間の変更が必要になった場合には、まずは先生に変更のお願いをしてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

会社名:学研の家庭教師 住所:〒171-0033東京都豊島区高田3-14-29KDX高田馬場ビル3F TEL:0120-351-056 学研の家庭教師は、生徒一人ひとりの成長に真摯に向き合い
続きを読む
会社名:プロ家庭教師Isshiy TEL:050-1567-1896 プロ家庭教師Isshiyは、札幌市を拠点に志望校合格を目指す生徒を支援する専門家です。成績中位から下位の生徒に焦点を当て
続きを読む
子どもの不登校に家庭教師が役に立つのは知っていますか?学習の遅れが取り戻せるのはもちろんですが、それ以外にもコミュニケーションのブランクを解消したり、不登校支援につながったり、プラスになるこ
続きを読む