【初めての方必見】家庭教師の先生が決まるまでの流れを解説

公開日:2022/12/15   最終更新日:2023/09/22

家庭教師の先生が決まるまで

かつての家庭教師といえば、富裕層向けサービスを利用するか、近所や親戚のつてをたどるのが当たり前でした。しかし、現在では集団指導塾や個別指導塾と並ぶ勢いで、教育支援サービスとして一般的になりつつあり、上手に利用すれば高い成果が得られます。ここでは、家庭教師サービスが初めてという人に向け、利用の流れを解説します。

おすすめの家庭教師を見てみる

家庭教師サービスを選んで申し込みをしよう

まず、家庭教師サービスの情報集めの段階でのポイントを解説します。ポストに投函されるチラシ類を集めてもよいですが、近年はネットですばやく情報が集まります。

目的の確認

家庭教師に期待できることは大きく2つに分かれます。

1つ目は、勉強が嫌い・遅れている・集団指導が苦手、などといった状況を改善するためのサポート的役割です。

もう1つは、難関校の受験が目的の場合などに、ハイレベルな直接指導をする役割です。近年は前者のニーズが高いと思いますが、それぞれ得意とする業者があるので、比較検討の際にまず意識しておきましょう。

資料の取り寄せ

チラシやネット情報だけでは不充分なので、気になる業者を数社ピックアップしたら、詳細な資料を取り寄せましょう。これも近年はPCやスマートフォンがあればすぐに申し込めます。

料金システムを確認

家庭教師の料金は、多くの業者でコマ制か時間制を採用しています。すなわち指導に来てもらった回数や時間に応じて料金が変わります。

ただし、システムは業者によって変わり、学年や指導目的などで時間単価が上がる場合もあり、逆に条件を満たせば割引となる場合もあります。

入会金や教材費が必要となることもあるので、後からトラブルにならないよう、必ず料金については確認しておきましょう。優良な業者であれば、問い合わせれば無料で見積もりをとり、明確な料金や指導プランを提示してくれます。

先生の質をチェック

当然ながら、家庭教師を選ぶ際に、先生の質はきわめて重要な要素です。

ただしこれについては事前に確かめられる情報が限られているので、神経質になりすぎてもうまくいきません。家庭教師は、教員免許などの資格を持ち経験を積んだプロ講師と、子どもを教えるのが得意な学生などのアルバイト講師の2タイプに分類されます。

一般論としては料金が高くなるプロ講師のほうが実績面で信頼がおけますが、子どもとの相性によっては学生講師などでも高い成果をあげられる場合もあります。

体験授業を受けてみよう

業者を1つか2つまで絞り込んだら、正式入会前に体験授業を受けてみることをおすすめします。カウンセリング制度のある家庭教師業者もあるため、そちらも紹介します。

多くの業者が無料体験制度を採用

家庭教師サービスを展開するほとんどの業者が、無料の体験授業を提供しています。申し込んだからといって入会を強要するような悪質業者は少ないので、積極的に利用するとよいでしょう。

カウンセリング制度もあり

いきなり体験授業を受けるのではなく、教育上の悩み相談に乗ってもらうことができる場合もあります。また、カウンセリングが体験授業とセットになっている業者もあります。

申し込み・入会の手続きをしよう

体験授業などを終え、内容に満足なら入会手続きをしましょう。気に入らなければこの時点ではっきり断ってもOKです。申し込みと正式入会の手続き自体には、とくに注意すべきことはありません。

指導開始までの期間に注意

家庭教師サービスでは、申し込み後に担当の先生が決まるため、指導を開始するまでに時間がかかることは覚えておきましょう。

最短1週間ほどで手配してくれる業者もありますが、初回の授業まで数週間かかることもあります。家庭教師サービスは基本的に、テスト目前など短期の対策には向いていません。

退会規約なども確認

トラブル対応や退会規約については、しっかりと確認しておくとよいでしょう。

万が一、派遣された先生との相性が悪かったり、指導に不満があったりした場合には交代を願い出ましょう。多くの業者がそういった万が一に備えていて、遠慮なく交代の希望を伝えられるような制度を採用しています。

派遣された先生との面談・顔合わせをしよう

申し込み手続きをすべて終えたら、担当の先生が決まるのを待ちます。初回は必ず顔合わせと挨拶、指導方針の説明があるため、できるだけ立ち会うべきです。

きちんと挨拶ができ、子どものことをしっかり見てくれそうな人物なら、とりあえずは問題ないでしょう。最後に、派遣された先生との面談や顔合わせで大事なことを見ていきましょう。

相性をしっかり確認

子どもと家庭教師との相性はとても大切な要素です。生徒であるお子さんが小学生までなら、できればはじめのうち数回の授業を見守ることをおすすめします。

思春期を超えると親がそばにいることを嫌がるかもしれないので、いったん家庭教師の先生に任せ、授業が終わった後に感想を聞くとよいでしょう。

成果は長めに見るのがベター

家庭教師を利用する際は、成果を急ぎすぎるのはよくありません。短期的な成果に自信を持っている業者もありますが、家庭教師で本当に期待したいのは、勉強のやり方や勉強に取り組む姿勢そのものの改善です。

最低でも3か月から半年程度の変化をよく観察し、子どもの様子によい変化が多ければ、家庭教師の利用は成功したといえます。

まとめ

家庭教師サービスを初めて利用する人向けに、業者の選び方のポイントや、手続きの流れなどを解説しました。近年の家庭教師サービスはどの業者も先生の品質が高く、うまく利用すれば集団指導の塾や個別指導塾より高い成果を得ることができます。

また、塾で成果が出なかった子や不登校などの問題を抱える子に対応できるのも、家庭教師の強みです。この記事を参考に、スムーズに申し込みが進み、相性のよい先生と出会えることを願っています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

会社名:学研の家庭教師 住所:〒171-0033東京都豊島区高田3-14-29KDX高田馬場ビル3F TEL:0120-351-056 学研の家庭教師は、生徒一人ひとりの成長に真摯に向き合い
続きを読む
会社名:プロ家庭教師Isshiy TEL:050-1567-1896 プロ家庭教師Isshiyは、札幌市を拠点に志望校合格を目指す生徒を支援する専門家です。成績中位から下位の生徒に焦点を当て
続きを読む
子どもの不登校に家庭教師が役に立つのは知っていますか?学習の遅れが取り戻せるのはもちろんですが、それ以外にもコミュニケーションのブランクを解消したり、不登校支援につながったり、プラスになるこ
続きを読む